お酒のお供に

真イカのクーンタルマサラ

南インドで食べられている烏賊のクーンタルマサラ。 ゴアやマルヴァンなど、地域で微妙にレシピが異なります。 今回は、ケララ州のクーンタルマサラ。 真イカを使用。 イカ墨でお歯黒になっても、ま、いっか?

AB

東インド・ベンガルの海老カレー、チングリマライ。 ベンガル料理を特徴付けるマスタードオイルに、 ベンガル料理の食材としてはあまり使われない ココナッツミルクとの組み合わせ。 南インド・タミルナードゥ州の海老カレー、エラルトック。 海老カレーとし…

マンガロールのコリガッシ

南インド・カルナータカ州の都市マンガロールで 食べられているチキンカレー、コリガッシ。 ココナッツとホールスパイスとを乾煎りすることで 生まれる香ばしい風味 。 チェティナードでしばしば見掛ける同様の調理法ですが、 クローブやカルダモン、シナモ…

西インドのホワイトカレー

西インド・マハラシュトラ州の古典的料理、パンドララッサ。 西インド名物のラッサ(汁物)で対を成す紅白ラッサのひとつ。 タンブラ・ラッサ..... 赤色のグレービー、マトン パンドラ・ラッサ..... 白色のグレービー、チキン パンドララッサは、白ゴマとポ…

マレーシアのイカ墨カレー

イカスミ、イカスぜ。 マレーシア・ジョホール州のイカ墨カレー、 ソトン・マサック・ヒタム。 ソトン=烏賊 マサック=調理する ヒタム=黒 マレーシアのクアンタン州にも、イカ墨を使った料理があります。 ソトン・レブス(茹でる)・ヒタム ソトン・マサ…

港町マンガロールの海老カレー

インド・マンガロールの港町で食べられている海老カレー、 イエッティ・ガッシ。 蟹やエビの殻を取らなくてはいけないような 手が汚れるカレーは嫌だと言われた、その理由が 「スマホを触れなくなるから」、という衝撃。 この発言の主が、自分より年上の男性…

南インドのブイヤベース

かつてフランス領だった南インドの街、ポンディシェリ。 赤いマークの場所が、ポンディシェリ。 タミルナードゥ州にある海辺の都市で、フランスからの 移住者によってフランス料理がもたらされる。 かつてポルトガル領だったインドのゴアで、ポルトガル料理…

スリランカのブラックチキンカレー

ブラックチキンカレーとの異名を持つ スリランカのカルポルチキン。 ドライローストしたフェンネルやマスタードシード、クミン。 そして、スリランカ独自のミックススパイスのローストトゥナパハで 鶏肉を漬け込み。 カルピンチャとランペをテンパリングし、…

カシミール・チキンヤクニ

インド北部とパキスタン北東部の国境付近にひろがる 山岳地域のカシミール。 年平均気温が低く、夏は涼しく、冬には雪が降ります。 そんな気候のカシミール地方で食べられている白カレー。 カシミール・チキンヤクニ 水を使わずにヨーグルトで煮込むという風…

スリランカのアンブルティヤル

SOURなカレー 鶏のアンブルティヤル スリランカのシンハラ人の料理、アンブルティヤル。 ガルシニアという植物の果実を燻製・乾燥させたゴラカを たっぷり使い、酸味が効いた仕上がり。 ゴラカの燻製香とシンハラのミックススパイス、 ローストトゥナパハの…

ケララのムール貝カレー

南インド・ケララ州のムール貝のカレー。 カルムカヤ・ウラティヤットゥ! マラヤーラム語で、カルムカヤ「ムール貝」、ウラティヤットゥ「炒め」。 ずばり、ムール貝の炒め物になります。 本来、ドライに仕上げるべき料理なのですが、 貝の出汁を感じるセミ…

ポトラムパロタ

いつか作りたいと思ってたポトラムパロタ。 キリポロッタとも呼ばれている南インド料理。 ポトラムパロタとは、南インドのパロタ(薄焼きのナンの ようなもの)とチキンカレーを交互に重ねて、バナナ葉に 包んで蒸し焼きにしたもの。 グレービーが染みて、柔…

9月17日から再開します(時短営業)

9月17日金曜から再開します。 時短営業(17時~20時)になりますが、宜しくお願い致します! 鯨肉のペッパーフライ。 南インドのタミルナードゥ州の黒胡椒炒めのクジラバージョンでっす ♪

禁酒令下のNon-alcoholic BAR

9月 10日11日12日 金土日 17時~20時 ノンアルで営業いたします。 イートイン&テイクアウトも大歓迎! パキスタンや北インドで食べられているアチャリームルギ。 マスタードオイルにパンチフォロン、レモンジュースなど ピクルススパイスの構成で作られたチ…

パキスタン・ターリー弁当

今回のバナナ葉包み弁当は、パキスタンのターリー弁当です。 1947年に分離独立するまではインドと同じ国だったパキスタン。 インド国境に接するパンジャブ州(インドにも同名の州があります) やシンド州は、インド料理によく似た料理が食べられています。 …

瀬戸内レモンのバターチキン

テイクアウトのご注文お待ちしています。 ひさしぶりーの、瀬戸内レモンのバターチキン。 爽やかなシトラスの香りとクリーミーな口当たり ♪ 次回のバナナ葉包み弁当は、パキスタン料理にします。 乞うご期待!

ポトラムライス 第二弾

今回のバナナ葉包み弁当は、南インド・タミルナードゥ州の ポトラムライスです。 テイクアウトのご注文お待ちしています。 17時~20時で、bar24do.nishiyama@gmail.com またはインスタのDMまでご連絡いただけたら幸いです。 左上の赤いのから、反時計まわり…

ポトラムビリヤニ

バナナの葉で包まれたビリヤニ、ポトラムビリヤニ。 南インド・タミルナードゥ州のポンニライスを使用。 店内でも、テイクアウトでも。 ビリヤニの他、カレー約10種あります。 よろしくお願いします!

西インドのカレー

日本のカレーシーンにおいて知る人ぞ知る マハーラーシュトラ州の西インド料理から..... まず、ムール貝のティスリャシェ・カルヴァン。 以前に提供した西インドのティスリャ・マサラとの違いは、 ティスリャシェ・カルバンがスパイスを空炒りさせている点。…

羊足のマトンパヤ

パキスタンのマトンパヤ、つくりま。 羊足、煮込みまー 二時間煮込んで、ゼラチン質ぷるぷるー マトンパヤは、ショルバ(スープ)系カレー。 余った煮汁で炊いたソナマスリライスは、パヤのお供に ♪

血のカレー、カビデラ

元々は、ポルトガル料理の血の煮込み。 それが、ポルトガル領だったインドのゴアやマカオ、 ブラジル、アンゴラへ渡り、独自進化を遂げる。 鴨肉と鴨血のカビデラ ポークヴィンダルーよろしく、ポルトガル料理が インドナイズドされた料理。

バングラデッシュのメズバン料理

バングラデッシュのチッタゴン地区で食べられている 伝統料理、メズバン。 牛肉と白米を中心としたごちそう料理のメズバンは、 冠婚葬祭など特別な日に食べられています。 メズバンの代表的な一品、牛肉のメズバニ・マンショ。 南アジアでめずらしい牛肉の料…

タラパカッティビリヤニ

お米の品種数において、日本を遙かに凌駕するインド。 日本米の品種が約900種類なのに対して、 インドはベンガルだけで82700種類も存在します。 en.wikipedia.org インド米のひとつ、ポンニライスは 1986年にタミルナードゥ農業大学によって 開発された新品…

ソルポテル

みんな大好き、ソルポテル。 インドのこてっちゃん的なカレー。 今回は、豚モツ。

スコッチエッグの元ネタ料理、ナルギシコフタ

イギリス料理スコッチエッグの元になった料理は、 一説によれば、インド・ムガル帝国時代の古典料理の ナルギシ・コフタだと言われています。 スコッチエッグの元になった料理ってどんな味? そんな興味も然ることながら、 スパイス等で味付けされたコフタ(…

バダミチキン

バターチキンのようでバターチキンではないバダミチキン。 ローストアーモンド(バダミ)のクリーミーなコク。 スパイシーさも伴っているのがいい。 この一年ほど、憑りつかれたかのように 油分が分離して表面に浮いた状態を目指してる。

アフガニスタンカレー

アフガニスタンのチキンカレー、アフガニチキン。 生クリームやヨーグルト、カシューナッツのコク。 何度つくっても美味しい、アフガニチキン。 初めて食べたときは美味しかったけど今はそうでもない カレーがある中、この子は今でも美味しいんだよね。 じん…

ムスリム商人のビリヤニ

南インド・カルナータカ州にいる、約95万人の ムスリム商人たちのコミュニティ「ベアリー」の間で 食べられているビリヤニ。 ■ ベアリー・ビリヤニ グリーンマサラ(パクチー、ミント、青唐辛子のペースト)と ココナッツが入るため、他の地域のビリヤニとは…

ひきこもり料理

5月に入ってぱったりテイクアウトの注文なくなりました。 さすがは、安定の弐拾四度よ 苦笑 趣味の世界にヒッキーな今日この頃。 これ、ネットの拾い画像なんですけど インド料理の写真だと思うでしょう? なんと! 中国の雲南料理なのだそう。 雲南省でも最…

白子カレー

インド人も魚卵たべるってよ。 南インド・ケララ州のパーリンジ・マサラ 白子よりも、真子の方が多く食べられてるっぽい。 インド料理よりも独自アレンジのスパイスカレーの方が 馴染みのある方からすれば意外性ないのかもしれないけど 自分的には、え?イン…