Shop information -いつも上部に表示されます-

f:id:nondetabete:20190123202925j:plain

BAR弐拾四度(24℃)

愛媛県松山市二番町二丁目3−6第3松ビル4階
TEL 089-935-7121
OPEN 19:00  CLOSE 4:00   不定

 

■ 季節のフレッシュフルーツ・食材を使用したミクソロジーカクテル1000円〜

■ こだわりのスタンダードカクテル 800円〜

■ ビアテイスター厳選クラフトビール30〜40種類(長期熟成ビールやレア物も)

■ ウイスキーエキスパートがおすすめするウイスキーシングルモルトを中心に約100種類

■ チーズプロフェッショナルの自家製ナチュラルチーズ(ブルーチーズなど)

■ インドや東南アジアなどの本格スパイスカレー数種類

 

無料のブログサービス利用につき、広告が表示されます。

不快な思いにさせていたら申し訳ないです。

 

 

熟成ビールのコレクション一部放出

熟成ビールの在庫調整のため、コレクションの一部を手放します。

ご興味のある方は、購入の検討を宜しくお願いします。

 

 

連絡は、bar24do.nishiyama@gmail.com まで。

県外発送も対応可能。 送料は購入者負担でお願いします。

 

f:id:nondetabete:20210412212413j:plain

 

■ フラーズ・ビンテージエール 500ml 8.5%

1997年からリリースされている英国名門フラーズの

年に一度の限定醸造、イングリッシュ・ストロングエール。

 

 

所有しているビンテージは、1998年、1999年、2000年、

2001年、2004年、2005年、2006年、2008年、2009年、

2010年、2011年、2015年です。

価格は、10年代が3500円〜、00年代が4000円〜

90年代が10000円。

 

 

■ キュベ・ヴァン・ド・ケイゼル青 750ml 8.5%-11%

ベルギーのヘットアンケル醸造所の最上級品。

グーデンカロルス・クラシックの上位銘柄。

 

所有しているビンテージは、2000年、2003年、 

2004年、2009年、2010年。価格は、4000円~6000円。

ちなみに、某酒販店では2012年ビンテージを9500円、

2013年を8000円で販売されています。 オトクです!

 

 

■ キュベ・ヴァン・ド・ケイゼル赤 750ml

青がベルジャンストロングダークエール、赤はベルジャン

ストロンペールエール

 

所有しているビンテージは、2008年、2010年、2011年。

価格はすべて4000円。

ちなみに、某酒販店では2010年ビンテージが7500円で

販売されています。 オトクです!

 

 

■ シメイブルー 330ml 9%

 

所有しているビンテージは、1997年、1999年、2000年、

2003年、2004年、2008年、2010年。

価格は、1600円から5000円。

 

■ シメイブルー 750ml 9%

こちらは大瓶。 ビールは言うまでもなく大瓶の方が味が良い。

 

所有しているビンテージは、2003年、2008年、2010年。

価格は、すべて4000円。

 

 

【注意】

飲用不可。 部屋のディスプレイ等の用途でご利用ください。

アンティーク品であることをご理解ください。

ノークレームノーリターンでお願いします。

 

 

 

 

黄金のカレー

21日まで、予約制&テイクアウト販売中です。

17時~21時で対応します。

連絡先 bar24do.nishiyama@gmail.com

 

 

 

「我が黄金のベンガルよ 我は汝を愛す」

 

 

バングラデッシュ国歌、タゴールの詩が想起される

美しい黄金色の見た目... アナロッシュ・マーチ

 

f:id:nondetabete:20210324212733j:plain

鯖とゴールデンパインのフィッシュカレー。

マスタードオイルが苦手な方に食べてもらいたい。

 

 

f:id:nondetabete:20210324212811j:plain

このカレー、ミクソロジーカクテルのようでもあります。

マスタードオイルと好相性のパイナップル、

爽やかなフェンネルとカルダモン、生姜。 組み合わせの妙。

 

 

ブラジル産鶏肉がなぜ安いのかを調べたら元農水相賄賂事件に繋がった話

圧倒的に安価であるブラジル産の鶏肉。 

ブラジルの養鶏産業を調べてみたら、

想像と全然違ってたという話。

 

 

ブラジルの養鶏業は日本と違い、鶏の生産から流通、

加工まで手掛ける垂直統合。 IT業界でいえばApple

ブラジルには従業員数が数万~10数万人規模の

コングロマリットが数社も!存在するのだそう。

 

 

さらに、飼料代が安い(鶏の飼料=穀物の一大生産地)・

土地代が安い(日本の22.5倍の国土面積)・労働力が安い、

という脅威的な価格競争力を有するブラジル。

 

 

f:id:nondetabete:20210324231823p:plain

 

鶏1羽あたり生産コスト、日本円にして198円。

対する日本国内の養鶏コストは、1羽あたり440円。

ブラジルの198円と2倍以上の差が!

 

 

f:id:nondetabete:20210324231921p:plain

ちなみに、国内産の鶏肉、卸売価格1羽あたり610円なので、

440円の生産コストなら、原価72%ですね。 

ぐは、原価率、高っけ! 

 

 

f:id:nondetabete:20210324232046p:plain

 

....と思ったのですが、よーく考えたら、これ卸値だから

小売価格を地元スーパーのグラムあたりの販売価格から

計算すると、およそ原価38%になると思われます、はい。

 

 

コストはさておき、大多数の方が外国産に

農薬ガー、不衛生な生産環境ガー、て印象持ちがち。残念。

ブラジルの養鶏環境は、日本よりも国際的な評価が高いんだって。

 

 

f:id:nondetabete:20210325000703p:plain

 

ブラジルの養鶏は、EUの基準に倣い1羽当たりの

飼育面積、550c㎡を確保。 対する日本の飼育面積430c㎡。 

ブラジルの方が、動物愛護に適った飼育環境になっています。

 

f:id:nondetabete:20210324234434p:plain

 

全ての養鶏場が写真のようだとは限りませんが、

みんなブラジルの養鶏場にこんな想像してました? 

 

ギチギチにケージに詰めて不衛生な環境で

育ててるから安いんだって思ってませんでしたか? 

正直、僕はそう思ってました 苦笑

 

 

 

では、なら何故、良好な飼育環境にも関わらず

ブラジル産鶏肉は国産鶏肉より品質の評価が低いと

感じている方が多いのでしょう?

 

それは、端的に飼育期間の長さが影響してると考えられます。

ブラジル産鶏肉は、生後42日で出荷。 

国内のブロイラーは50日、地鶏なら80日、親鳥ならそれ以上。

 

 

飼育期間が短いと肉質が柔らかくなる反面、味は淡白に。

逆に飼育期間が長ければ鶏肉の味は濃く、肉質は固くなる。 

地鶏は、双方のいいとこ取り。 だから地鶏は旨い。

ま、それだけではないにせよ、このアドバンテージはでかい。

 

 

 

近年、アニマルウェルフェア(Animal Welfare)なる

用語が注目されています。 

健康的に家畜を育てましょう、とゆう国際的枠組みのこと。

 

 

アニマルウェルフェアに沿った生産は、土地の少ない

国内養鶏業界にとっては大問題らしく、経営的に

かなり厳しい要求なのだそう...

 

そこで、規制を緩めてもらうため管轄の農林水産大臣

働き掛けをした、それが吉川元農水省賄賂事件、てわけ。

 

gendai.ismedia.jp

 

アニマルウェアに基づく国際基準を求められた養鶏業界。

その基準を満たすために必要な設備投資は、多大な資金が

かかるために、強く反発。

 

養鶏の業界団体の副会長や顧問を務めたアキタフーズの

元代表が、その現状を当時の農林水産大臣の吉川氏に

伝え、規制を緩めてもらうよう陳情した(賄賂つき)、

ていうのが、この事件の背景。 

 

 

価格で絶対に勝てない上に、さらに設備投資の必要性。

国際基準に従っても、外国産鶏肉の関税を上げればなんとか?

しかし、行く先、自由貿易協定TPPが待つ未来… 

消費者の国産ブランド信仰だけが、頼みの綱だったりして?

ブラジルの養鶏を調べたら、日本の養鶏産業の苦難を

知ってしまった話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラジャスタンのターリー弁当

4月1日から21日まで予約制&テイクアウト営業になっております。

 

 

Fさま、いつもテイクアウトのご利用ありがとうございます。

Jさま、初めてのテイクアウトご利用ありがとうございます。

Kさま、予約していただきありがとうございます。

 

 

ラジャスタンのターリー弁当の説明をします。

 

f:id:nondetabete:20210318214412j:plain

西インドのラジャスタン州。

砂漠のある乾燥地帯であるラジャスタンは、その地域特性から

豆や穀物といった保存性の高い食材が多く使われます。

 

 

 

左上から時計回りに──

f:id:nondetabete:20210318214526j:plain

西インドのスクランブルエッグ的な料理、アコーリー。

 


f:id:nondetabete:20210318214612j:plain

アル・ピアズ・キ・サブジ

ジャガイモのスパイス炒め煮。

 

 

f:id:nondetabete:20210318214655j:plain

ムルギ・ラル・ミルチ。

唐辛子の風味がしっかりのチキンカレー。

 

 

f:id:nondetabete:20201205012943j:plain

白ウコンのハルディ・キ・サブジ

過去にも出したことがありましたが、これ実はラジャスタン料理。

 

 

f:id:nondetabete:20210318214747j:plain

ひよこ豆のジャイサルメリ・チャナ・カダイ。

 

 

f:id:nondetabete:20210318214824j:plain

ほろほろ甘い、小麦ふすまのチュルマ。 

 

まずは単品で。 

それから混ぜてお楽しみください ♪

 

営業について

4月1日から4月21日までの時短要請期間ですが、

ご予約を頂けましたら、17時〜21時の間で

営業させていただきます。

 

 

 

連絡は、こちらまで

bar24do.nishiyama@gmail.com

 

 

前日、もしくは当日の午前中までに

連絡いただけると幸いです。

 

 

テイクアウトの注文も受け付けています。

市内中心部にお住まいでしたら、こちらから

配達することも可能です。

ご注文を心からお待ちしております。

 

 

 

カレー約10種あります。

バナナ葉包み弁当の新作は、砂漠のある乾燥地帯

西インド・ラジャスタン州のターリー弁当。

f:id:nondetabete:20210318214412j:plain

 

ネガティブさんの見立て

繁華街クラスターで人がいなくなった夜の街だけど、

まさかウーバーイーツ配達員の姿も消えるとは。

 

 

 

暖かくなりつつあった春先で、あの規模の陽性者が

出るなら、今年の秋期から来年の今頃までにかけて

デスロードが待ち受けてそう。

 

東京都の時短要請5ヶ月が、じわり現実味でてきますね。

5ヵ月て、一年の約半分じゃよ...

 

 

 

4月1日から21日までの時短要請、解除明けの

翌週からGW期間に突入します。

これまでの過剰気味な国や自治体の要請を鑑みれば、

なんだかんだ理由付けて再延長されそうな予感。

 

 

でも、これはどうやらネガティブな人の思考らしく、

ポジティブな人は、GW前に解除予定で自治体は

飲食店を考慮してくれてありがとう、て捉えるみたい。

前向きパワー、うらやましい。

 

実際GWがどうなるかさておき、GWまでの心の健康は

ポジティブさんの勝利です。