Clam Clay Clap

初めて醸造されたのは、20世紀初頭。 
牡蠣の貝殻を副材料に用いた黒ビール、オイスタースタウト。


下の写真は、最近購入した黒ビールなのですが、
普通に考えたら、オイスタースタウトの牡蠣をハマグリに、
スタウトをポーターにアレンジした「クラムポーター」だと
思うじゃないですか?  


じっくりラベルを見たら、まさかのクレイポーター!
蛤(Clam)ではなく、ロブスター(Cray)でした 苦笑   



当初の予定とは違いますが、これはこれで良いビールです。
知らずに飲めば、美味しいロブストポーター。
ロブスターの風味は明瞭ではないのですが、じっくりと
その一杯に向き合えば、確かにその風味が感じられます ♪